ファクタリングについて

  • TOP
  • ファクタリングについて

ファクタリング(売掛金買取)とは

ファクタリング(売掛金買取)とは、入金前の売掛金(売掛債権)を売掛金買取会社に売却することで、支払期日前に売掛金を現金化するサービスです。資金調達プラスのファクタリングサービスは融資・借入ではない安心感、また資金調達の迅速さから多くのお客さまにご利用いただいています。キャッシュフローの改善にぜひご活用ください。

ファクタリングの利点

  • キャッシュフローの改善

    ファクタリングの最大のメリットはその資金調達の早さにあるといって間違いないでしょう。通常、売掛金は支払予定日まで現金化できません。ファクタリングなら急な出費にも対応可能です。また売掛金の額が大きいものであれば、一度に大口の資金調達も可能です。ファクタリングは資金使途を限定しないので、事業拡大に乗り出す際の資金の調達に使うことも出来ます。

  • ファクタリングは融資ではない

    売掛債権を売却し現金化している為、借入金ではございません。その為将来的に融資を受ける際、金融機関に信用を問われることもございません。また、売掛先の財務状況を重視し、売掛債権に基づいて契約をする為、審査の厳しい融資よりも資金調達が容易い傾向にあります。

  • ノンリコース(償還請求権なし)契約

    償還請求権とは、譲渡された債権が売掛先の倒産などによって回収不可能になった場合に、ファクタリング会社がお客様にその⽀払いを請求する権利のことです。資金調達プラスのノンリコース契約では、この償還請求権を含まず、回収できなかった場合のリスクを弊社が負担致しますので、安⼼してご利⽤いただけます。

二社間・三社間ファクタリング

  • 二社間ファクタリング

    御社(売主)と弊社(買主)のみで交わす契約です。

    • 御社と取引先の間で発生してる売掛債権を弊社が査定します。
    • 弊社は御社と2社間で売掛債権売買契約し、締結時に代金を御社へお支払い致します。
    • 御社は弊社との間で委任により定められた代金を取引先から受領代行完了後、弊社へお支払いいただきます。
  • 三社間ファクタリング

    御社(売主)と取引先(支払元)と弊社(買主)で交わす契約です。

    • 御社と取引先の間で発生してる売掛債権を弊社が査定します。
    • 弊社は御社と売掛債権売買契約をする事を取引先へ通知し、あらかじめ承諾を得る必要がございます。
    • 取引先から承諾をいただき、3社間での契約となり、締結時に代金を御社へお支払い致します。
    • 弊社は御社から買い取った売掛債権を定められた日に取引先から入金いただきます。
  • 診療報酬債権ファクタリング
    (診療報酬債権買取)

    診療報酬債権ファクタリングとは、お客様が社保や国保から受け取る診療報酬債権を弊社に売却されることで、早期の資金化を実現するサービスです。

    通常の保険請求では、国保や社保から診療報酬が振り込まれるのは診療から約二か月後となります。 弊社の診療報酬債権ファクタリングをご利用いただいた場合、レセプト提出期日より最短5営業日後、つまり最大で55日も早い診療報酬の受け取りが可能です。

    通常のファクタリング(売掛債権買取)と同様に融資ではなく、審査も通りやすいため、新規開業や医療機器の購入といったまとまった資金が必要な際に有効にご利用いただけます。

  • 介護報酬債権ファクタリング
    (介護報酬債権買取)

    介護報酬債権ファクタリングとは、お客様が未回収の売掛金を弊社に売却されることで早期の資金化を実現するサービスです。

    通常の保険請求では、国保や社保から介護報酬が振り込まれるのは約二か月後となります。

    弊社の介護報酬債権ファクタリングをご利用いただいた場合、最短5営業日後、つまり最大で55日も早い介護報酬の受け取りが可能です。通常のファクタリング(売掛債権買取)と同様に融資ではなく、売掛債権の回収可能性に基づいて最小限の審査で資金調達が可能となります。